ベイトリールを使ったジギングで手返しとパワーを損なわない持ち方とは

ベイトリールを使ったジギングで手返しとパワーを損なわない持ち方とは

こんにちは、夏場は水腹になって体がだるい、たかっぺです。

オフショアジギングではベイトリールを多用する場合があります

ベイトリールはパワーがあり、手返しの良さがあるので必ず持っていくタックルでもあります

手返しの良さを実現するためには持ち方が大切になってきまして

今回は、ベイトリールの持ち方についてお話していきます。

ベイトリールは手返しの良さが重要

ベイトタックルを使う時は、操船によって船を立てる時でして

風上に対して操船したり潮の流れと同調するように船を進めるので、縦の釣り(バーチカル)に特化しています

魚群探知機に反応があれば、その反応が濃い場所に少しづつ侵入できるので、バイトチャンスが多いのが最大の利点です

この時の誘いとしては、指示タナまでシャクって、すぐにフォールさせ着底したらまたシャクルの繰り返しでして

とにかく、そのポイントを通過するまでに上記の誘いを繰り幾度も繰り返します

この幾度も誘うためには、巻いて落とす動作を手返しよくすることが大切でして

ベイトリールの持ち方によって誘いの差や釣果の差が出てきてしまいます。

ベイトリールには巻取りパワーがある

ベイトリールはスピニングリールより巻き上げパワーがあります

ベイトリールは構造上ラインを直線的に巻いたり出したりできまして

シンプルな巻き上げ構造ですが、力の伝わり方がダイレクトなので縦の釣り特化しており、強引なやり取りも可能になってきます

このパワーを生かした強引なやり取りをするときでも、リールの持ち方が大切になってきます

フォールバイトを察知し掛ける体制を心がけよう

ベイトタックルのもう一つの利点は高感度です

ベイトリールのはラインが直線状に出てきます

ちょっとした変化でも、ラインに変化が出やすくアングラーでもよくわかるのがベイトリールで、特にフォールバイトに特化しています

フォール中にバイトがあることは、結構多いわけでして

バイトがあるのに気付かないとフッキングしないや歯の鋭い魚の場合だとメタルジグが没収になったりします。

このフォールバイトを意識して獲るためには、即合わせをできる握り方が必要になってきます

握り方一つで疲労が軽減する

ジギングでは様々なジグを使い分けます

ベイトがイワシやサッパ等の時はショートジグで100g程度の比較的軽めのジグを使ったり

ベイトが太刀魚の場合は重く長いロングジグを使って大きくスライドさせるように操作したりします

ロングジグで誘う時は、潮流やメタルジグの自重と大きな誘いを一日中するわけでして

とにかく体力勝負なところがあります

少しでも軽快に渡船時間内で誘うには、ベイトタックルの持ち方が重要になってきます

ベイトリールを包むように持ち力が入りやすい握り方をすれば大きなスライドアクションもできたり、ショートジグの繊細なアクションにも対応できるようになってきます。

握りやすい形のベイトリール

最近のベイトリールは、握りやすい工夫がよくされています

小型でハイパワーなのが多く出回り、手の小さい方でも比較的握りやすくなっています。

ベイトリールの形には2種類があり、丸形ロープロ型に分けれます

どちらもジギングには適したモデルが多いですが、手の大きさや好みに合わせて選ぶのがいいですね

最近のリールは剛性や巻取り感は飛躍的に上がっていますので

ベイトタックルは3フィンガーで握ろう

疲労感と操作感を両立する為には、3フィンガーグリップでベイトリールを包み込むように持つのが一番力が入りやすいです。

ロッドのトリガーを薬指と小指で挟み、残りの手でリールを覆う握り方で別名パーミングとも言います

フォール中~シャクリまでをこのパーミングでこなすことで、フォール中のバイトからシャクリ中のバイトまでを捉え確実にフッキングできる握り方です。

力を入れやすいなら4フィンガーグリップでもいいのでは…と思いでしょうが

4フィンガーでは逆に指が余ってしまい力が発揮できません

パーミングではキャスティングは難しい

メタルジグの操作やフォール中のバイトを獲るにはパーミングがいいのですが

最初からメタルジグを落とす時や、少し投げ入れる場合はパーミングでするのは慣れが必要になってきます

基本的にジギングでは、メタルジグは遠投しません

クラッチを切りそのまま落下するか、同船者との距離を考慮して少し投げ入れる感じです

この時の動作で必要なことがサミングでして

潮流や操船によってラインだけが流されてしまうのを防ぐ為に親指でスプールを軽く押さることをサミングと言います

パーミングをしながらでもできるのですが、慣れない場合は1フィンガーか2フィンガーグリップでサミングしやすいようにしましょう

同船者とラインが絡まることは気を付けたいことですね

着底したら底からジグを少し巻き上げてから持ち換えて誘う様にしていきましょう

最強のメソッドワンピッチワンジャークを極めるために

ジギングにおいて、様々な誘いがあります

その中でも、初心者から上級者まで欠かせない誘いとしてワンピッチワンジャークがあります

この誘いは、メタルジグを弱ったベイトやパニックベイトを演出する為に欠かせないものでして

海域にもよりますが、管理人の通う鳥羽のジギングではワンピッチワンジャークこそが最強のメソッドになり奥の深い誘いになってきます

詳細については関連記事がありますので参照ください

1ピッチ1ジャークがシャクリの基本!これであなたもジギンガ―!

このメソッドを極めるためにもパーミングは必須というわけですね

まとめ

メタルジグを繊細かつ大胆な誘いを可能にするには、ベイトリールの持ち方が大事になってきます

3フィンガーグリップ(パーミング)を意識してするようにすれば

繊細なシャクリも可能になり、フォールバイトも確実にフッキングできることでしょう

ジギングに限らず、ベイトリールを使う方にとっては大事な要素の一つではないでしょうか

是非握り方をマスターして大型な青物を仕留めてください

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ