スーパーライトジギング用リールは巻き心地とドラグ性能で選ぼう

スーパーライトジギング用リールは巻き心地とドラグ性能で選ぼう

こんにちは、朝はヨーグルトを必ず食べるたかっぺです。

年々、スーパーライトジギングの人気は高くなってきていて

今年からスーパーライトジギングを初めて見ようか…と思う方もおられるのでは

今回は、スーパーライトジギングで使うリールについて焦点をあててお話していきます。

リールの性能が高いからスーパーライトジギングは成り立つ

今やオフショアでは定番となってきているスーパーライトジギングですが

繊細な操作を可能にするロッドとリール、ラインが存在するからこそ成り立つジギングです。

高感度なタックルと、細く引張強度に長けるPEラインがあるから操作が簡単に出来て誰でもできる釣りものになっています。

浅瀬の岩礁帯を中心に攻めるスーパーライトジギングでは、小型回遊魚から鰤クラスまでをこの繊細なタックルで挑みまして

リールの性能が高いものを使うと鰤クラスの青物がヒットしても、ラインをストレスなく出すドラグ性能がいいので慌てずやり取りすれば取れる確率も高いでしょう

また、リールにはスピニングリールとベイトリールがありますがスピニングリールが幅広く使えるのでスピニングリール中心にお話していきます

それは、多くの渡船はドテラ流しで攻め、スピニングリールの方が操作性が高いからでして。

リールはドラグだけではなく、巻き心地も重要になってきます

この辺りをもう少し詳しくお話していきます

リールの基本性能のお話

リールの基本性能は、防水性能巻き心地ドラグ性能で、それぞれを少し解説すると

防水性能

リール内部に海水が入り込まないようにリールの隙間を塞ぎ、侵入できないようにしていることで

内部に海水が入り込むと塩ガミをおこしリールが回らなくなったりします

防水処理で有名なものだと、ダイワ技術のマグシールドが有名で

磁力を帯びたオイルが隙間を塞ぎ水の侵入を防いでいます

リールメーカー各社、この防水性能は力を入れていて少々の海水を浴びた程度では内部まで海水が浸透しなく何年も使えるように施されています。

巻き心地

巻き心地とは、軽快に滑らかで軽い力で回るハンドルやローターのことを言い

1日何百・何千回転をするリールには、変わらない軽い巻き心地がアングラーの疲労軽減させる効果もさることながら、非常に高感度にも貢献しています。

高感度であると、ギア比にもよりますが潮の強弱などの負荷がハンドルを伝わって分かってきます。

潮が速いとメタルジグが抵抗になりハンドルが重くなったり、逆に潮が緩いとあまり抵抗を感じずハンドルが軽いことがあり

この潮の強弱で、魚の遊泳層を特定するのにも一役買っています。

ギア比について

そして、もう一つがギア比にも関係がありまして

ハンドル1回転当たりのライン巻き量のことで、ノーマルギア・ハイギア・エクストラハイギア(メーカーによって呼び名が変わります)などがあり、エクストラハイギアになると巻取り量も多くなってきます

巻取り量以外にもギア比の特性がありまして

自転車をこいでいる時に、低いギアでは登坂で使うと軽快にこげますが、高いギアはペダルが重くてこぎづらいことがよく似た原理でして

先ほどの潮の抵抗を感じとり、ある程度巻取りのパワーが欲しい場合はハイギアがいいですね

ドラグ性能

ドラグは、スプールからラインが滑り出るシステムで、スプール上のノブでラインの出量を調整します。

実は、リールを選ぶ際にはこのドラグ性能を重視している方もいまして

特に細いラインを使うスーパーライトジギングでは、要のシステムと言っても過言ではありません

最近のリールには高性能ドラグがついていたりして、滑り出しがとても滑らかになっていてスプール回転初動時の回転ストレスによるラインブレイクが減るようになってきました

やはりリールはドラグのいいものを選んでいきましょう。

スーパーライトお勧めリール

なんだかんだと記述しましたが、どういった物がいいのかを紹介していきます。

防水性能・巻き心地・ドラグ性能を高い次元で両立しているリールは最高機種に盛り込まれていたり、中級モデルにも最新技術と過去の技術を複合させたものが多くリリースされています。

基本性能がしっかりしていると何年でも使えて安心ですよ。

ライン巻き量PEライン1号200m前後巻けてハイギアモデルをご紹介していきます。

・シマノ:ステラ3000MHG    シマノ:ステラ公式HP

シマノの最高峰リールステラです

誰しもがあこがれるリールで、その巻き心地や質感は持つものにとって至福の一品になるでしょう

・ダイワ:イグジストLT3000CXH    ダイワ:イグジスト公式HP

ダイワの最高峰リールのイグジストです

その防水性能は高い次元で設定されていて、軽い巻き心地もさることながら頑丈なボディでタフな使用になっています

全てにおいて完璧な仕様ですね

・シマノ:ツインパワー3000MHG    シマノ:ツインパワー公式HP

ステラ譲りの巻き心地を実現させ、ボディとローターにも金属部品を投入すことによりブレの少ない巻き感を実現

ギアも耐久性が上がっている仕様です。

お値段と仕様で購入される方も多いのでは

・ダイワ:セルテートLT3000CXH    ダイワ:セルテート公式HP

ボディの頑丈さと防水性能はイグジストに負けない仕様です

このシャープなデザインはどんなスタイルの釣りでも合うので、これ1台でソルトルアーを楽しめるでしょう。

・シマノ:ストラディック3000MHG    シマノ:ストラディック公式HP

なんといってもこの仕様で、このお値段とびっくりなリールです。

基本性能を突き詰めていて、巻き感もツインパワーに匹敵するほどの滑らかさです

ブランドにこだわらなければ素晴らしいリールでしょう

・ダイワ:カルディア LT3000CXH    ダイワ:カルディア公式HP

セルテートの仕様とよく似ていて、お値段を抑えた仕様です。

ドラグ性能もイグジスト・セルテートと同様のATDが標準装備していまして、やり取りも安心のリールです

多くの方が使っているのをよく見かけます

定期的なオーバーホールはしましょう

どんなにいいリールを持っていても、メンテナンスは必須です。

釣りからかえれば、まずは真水の冷たいシャワーで海水をサッと洗い流して拭きあげましょう

これをするだけでもリールは長持ちしますよ

定期的なオイルアップは必須です。

このオイルアップは必ず説明書の部分だけをしましょう。

高価なリールになってくると、オイルが全ての個所に必要というわけではありません

逆にオイルアップをして不具合が起こることもあり得ますよ

また、定期的にオーバーホールに出すことをお勧めします

リールは精密部品が集合して稼働しています、その部品が劣化していれば当然交換も必要でして

この意味も含めてプロによるオーバーホールは必須ですよ。

お勧めのお店はコチラ☛リールメンテナンスドットコム

まとめ

スーパーライトジギングは誰でもできる釣りですが

時には鰤がかかることもあります。

繊細なタックルで取るには、リールの性能が要になってきます

今回ご紹介したリールはどれもドラグ性能や巻き心地は素晴らしいものです。

性能高いタックルでスーパーライトジギングを楽しみましょう!

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ