その他 PR

確実に完璧に編み込めるノットが最強!ノットの選び方について

こんにちは、冬でも冷たいコーラとコーヒーはかかせません、たかっぺです

近年どの釣りでも引張強度が強いPEラインが主流になってきました

しかし、PEラインには擦れにめっぽう弱い性質があり、それを補うためにフロロカーボンラインやナイロンラインをPEラインに編み込み結束するノットがあります

今では色々なノットが生み出されていて、全てを覚えて実践できるかというと難しさが出てきます

特に釣りを始めた方にとっては、ノットを編み込むことは不慣れです

不慣れゆえにキャスティングや魚とのやり取りにも不安がでてきます

色々なノットを試し、一つや二つに絞り確実に縛る方法が最強なのです

今回は、そんなノットついて色々お話していきましょう

完璧なノットが最強

どのノットでも言えること

それが完璧に編み込む・縛るということです

色々動画やブログなどでノットについては紹介されています

どのノットも素晴らしく、管理人も色々練習したものです

しかし、今では同じノットで落ち着いています

それは、自分にとって編み込みやすく確実に編み込めるノットこそ最強なノットなワケで

絶対に外れない自信があるからです

釣りを始められた方は、まずは色々なノットを見て実際に編み込んでみたり結んでみたりして

自分にとってどれが一番編み込みやすさがあるのかを見つけ確実に編み込める練習をすることが今後の釣りにおいて大切なことなのです

一つ確実なノットを身につけ、さらに躍進する為に新たなノットを習得していく方が釣りは格段にうまくなってきますよ

もう少し詳しくお話していきましょう

ノットの意味

PEラインに編み込む・巻き付けるノットはPEラインの弱点を克服するために必要な結び方です

PEラインは引張強度はどのラインよりも強力かつ細くできるため飛距離向上と対大物とのやり取りには非常に優れていますが

PEラインは摩擦に非常に弱い性質もあります

それは、テンションがかかった状態で固い岩にでも擦れればどんな太いPEラインでも簡単に切れてしまいます

その弱点を克服するために、ルアー等の仕掛け上部にリーダーとしてフロロカーボンラインやナイロンラインを必要なだけ結束しているのです

その結束に用いられるのがノットであり、PRノット・FGノット・クリンチノットなどの結ぶ方が必要になるのです

結ぶのに複雑な結び方は必要なの?

と思われますが

摩擦に弱くコシが無く滑りやすいPEラインでは点に集中するような結び方はすぐに切れてしまったりするので編み込む方式や巻き付ける方式でないと強度は得られないのです

また、リーダーにルアーなどの仕掛けの結束をする場合にもノットは必要不可欠で、摩擦に幾分強く結び目が緩まない結束も必要視されるのです

この、いずれも結び方が悪いとルアーキャスティングの際にリーダーから先がなくなったり、いざ大物がかかってもすっぽ抜けたりしてしまうワケです

ノットはたくさんあるけど…

そんなノットはとにかくたくさん結び方があります

特に、PEラインとリーダーを編み込むように結束する方法はたくさんあり、ただ巻き付けて結束をするPRノットも見逃せません

どれがいいのかは迷ってしまいます

また、ルアーなどに結束するノットも色々あるので悩みますよね

ここで、一つの指標になるのは自分が覚えやすいノットを選ぶのがポイントになってきます

自分が結びやすいノットを選ぶ

ノットを選ぶポイントは自分が結びやすいと感じた方法で十分事足ります

それは、アジなどの小さい魚から、マグロなどの大型の魚まで自信のあるノットであれば自信が持てるからです

何よりも大事なことは確実に編み込めるかが大切になり

ラインの引張強度なみの編み込みができるようになれば合格です

大型な魚になればなるほど編み込む回数を増やしたりはしますが、それも確実な結び方ができるからこそわかってくるのです

ちなみに管理人は、シーバスや青物をルアーで堤防から磯まで行きますが

全てFGノットのみで攻略しています

ただ、オフショアになってくると船の上で仕掛けを作る際は酔い防止の為にPRノット(ボビンノット)を多用していますよ

確実に編み込める練習

選び方については、少し時間がかかりますが

じっくり吟味して選べばいいと思います

しかし、選んだあとはひたすらPEラインの強度なみに出来るまで練習が必要です

自分に合う結び方を見つけても強度不足では意味がありません

いつ大型な魚がかかってもいいようにノットは確実に完璧に仕上げておきましょう

鳥羽ジギングでの出来事

オフショアでのライトジギングで、巨鰤が連発するエリアではライトなタックルなのにドラグを締めこみファイトする場合もあります

そんな時に、ラインブレイクする方の大半がノットの強度不足です

管理人も過去には痛い思いを何度味わったことか…

どんないいジグがあろうが、タックルのセッティングが完璧でないと意味が無いとよく船長さんに言われましたよ

その甲斐あってか、今では自信のあるFGノットやPRノットが完璧にできるようになりました

シーバス釣り初心者の為のPEラインについて解説こんにちは、ウェーディングしようと思ったらウェーダーに穴が開いていて浸水して足が凍るかと思った、たかっぺです。 どの釣りにおいても、重...

補助器具を使う

釣り場でのこと、風が強いし暗がりな場合でも容赦ないのが根がかり等でのラインブレイク

その度にノットを結び直すのですが

特に風が強いと思うように行かない場合があります

今でこそ、どんな状況でも手で編み込めるようになりましたが

釣りを始めた方にとっては苦戦する状況です

そんな時は、無理に手で編み込むより補助器具を使うとより確実性が増してきますよ

中でもお勧めなのが、”第一精工ノットアシスト2.0”と”ボビンワインダー”です

手で編み込むより安定して結べる優れものですよ

特にボビンワインダーはオフショアでは欠かせなくなりました

もう使ってる?PRノットが簡単にできるボビンワインダーをご紹介こんにちは、パジャマがよれよれの、たかっぺです。 皆さんは、どんなノットを多用しますか?...

絶対的自信は好釣果に繋がる

自信があることは、良い釣果に恵まれることに繋がります

結び目が強いと、より仕掛けを遠くに投げることができよりロッドの幹を感じることに繋がります

そうすれば、より細かな状況変化も感じ取れるようになります

全てはタックルバランスをハイレベルに仕上げていくことがより大物と対峙するには必要なのです

全てが整う時今までにない攻め方もできるようになります

そうなれば、ランカーシーバスや10㎏の鰤も釣り上げることができるようになってくるのです

まとめ

あれ?またリーダーから切れた…

釣りの才能が無いのかな…

そうではなく、自分に合った結び方ができていなく強度不足なだけなのです

自分にある結び方をまずは見つけて、確実に編み込める練習をまずはしていきましょう

その先にアナタが求める魚に出会えるはずですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 118 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。