フィッシングツール PR

おかっぱりアングラーにライフジャケットは必要?自分の命を守る選択をしましょう

こんにちは、デジタル魚拓に興味津々のたかっぺです

最近釣り場でよく見る光景で、ライフジャケットを着ていない方を多く見ます

法律的には船舶で着用義務付けられているも、陸よりの釣りなどでは義務化されておらず問題はありません

しかし、万が一を考えると着用をしておいた方がいい物です

強制着用ではありませんが…

今回は、オカッパリアングラーはライフジャケット着用についてお話していきましょう

万が一の命綱は必要

結論から言うと、ライフジャケットの着用はオカッパリでも必須といえます

足場良く護岸されて安全柵が張り巡らされているような場所しか釣りをしないというのであれば着用はしない方向で考えますが

高さがある堤防や、流れの早い河川や海域であれば迷わず着用はするべきでしょう

落水しなければ大丈夫!

その通りですが

確実に落ちない柵などをしている場所も少ないのが現実

自然環境に太刀打ちできないのが人であり、自然の中では人は無力になるということは忘れてはいけません

ライフジャケットをする意味や、着用するのであればどのような物がいいのかをもう少し掘り下げてお話していきましょう

陸からの釣りは危なくない?

考えたくもありませんが

沖合で船釣りをしていて、不意の事故が起こり海に投げ出された場合

体が浮いていないと生存は厳しくなります

ライフジャケットをしていない状況で深い・早い流れ・冷たい水では、すぐに救助されない限り生き延びることは極めて困難です

ですから、法律でライフジャケットの着用を義務付けて桜マークのみの着用とルール化されています

その状況とは違い、岸より釣りを楽しむ場合に沖合のような危険は少ないことが言えます

しかし、釣りをする場所は、穏やかで波もない場所とは限らず

風も強い時もあれば、流れもあり、足場が安定していない場所もあります

こういった状況では危なくないとは言えません

僅か30㎝の深さであっても、流れが速い場所であれば大人でも簡単に足を流れに持っていかれることもあります

自然を知れば知るほど、人は無力であるという事実を受け入れなければいけないのです

危険であるという認識をもって釣りをするべきではないでしょうか

人は不意に弱いという事実

不意に落水した時、浮かんでいれば息はできるようになり少しでも冷静さを保つことはできますが

何もない場合だと、浮き沈みする体と経験のない事態でパニックになり、事態を悪化させることがあります

管理人の知っている方は、落水時に堤防に付着した貝類で腹や背中を切り刻まれ、細菌による感染症で2か月間入院された方がいます

浮く事実が分かっていればその被害は回避できたと言っています

ライフジャケットはシートベルトと同じ

車を乗ると必然的にするのがシートベルト

何故シートベルトをするのか?

不意の事故でも命を守りやすくするからです

その考えは、ライフジャケットも同じ

不意の落水から、体が少しでも浮くようなものを身につけることで溺れないことや、少しでも冷静さを保つことで生還率を高めるためです

確かに、ライフジャケットは釣りをしていてゴワツキ動き辛いものです

しかし、それは必然的な物で慣れる必要が出てきます

シートベルトのように、つけていないと気持ち悪い感覚で着用をしていきましょう

オカッパリでは胴衣型のライフジャケットがベスト

ライフジャケットと名がつくものであればなんでもいいというワケではありません

海釣りに関して言えば

落水したときに、堤防であれば貝類が壁面についている場合が多々あります

貝類はとても鋭利な刃物と同じで、よく切れます

この時に体の一番重要な部分である首元や腹部脇腹を守ることが大事です

落水した時点で、反射的に這い上がろうと体を動かします

この時に、貝類でケガをしてしまうことは大いに想定されます

また河川などでは干満などや水門が開くことでの早い流れが発生します

この流れに人が流されると、思うように体をコントロールできず溺れることが想定できます

その為

ライフジャケットを選ぶ際は首や胴部を切創などから守る・流れの中でも浮力を生かして上半身が浮いている胴衣型のライフジャケットが望ましいと言えるでしょう

自動膨張式について

船釣り等でよく使う、ウエストタイプや首掛けタイプがありますが

これらをオカッパリで使ってはいけないというルールはありません

しかし、浮力については補えるものの、切創や打撲といった点からは身を守りにくいタイプと感じます

また、定期的にボンベの交換も必須になります

自動膨張式が悪いとは思いませんが

オカッパリでは命を守るためには胴衣型を選ぶ方が賢明ではないでしょうか

命を守る装備で楽しむ余裕を

釣りに行って大けがをした

自然が牙をむいて、怪我ですんだだけでもありがたいと思うのが自然を相手にするということ

今までにかなり怖い思いもしてきたから言えることでもあります

楽しむための釣りが、手痛い目に合い帰宅したときに家族は何と思うことか…

手痛い目に少しでも合わないためには、命を守るための装備を当たり前のように着ることと意識することです

楽しむという余裕はその時に少しだけ沸いてくるのです

最近では釣りブームで堤防に多くの家族連れが来るようになっています

しかし、その状況をよく見ると

柵も何もない堤防で何も着用していない子供が走り回っていても、大人は見守っているだけ…

もしも落水した時のことを本気で感じたことはありますか?

すぐにでもライフジャケットを準備しましょう

命を守るものはそれしかありませんよ

まとめ

よくライフジャケットを着用せずに釣りをしている方を見ます

足場のよい堤防なら大丈夫なのか

躓いた瞬間に落水することは十分感上げられますし、実際に事故も起きています

毎年、落水による死亡事故は多いと聞きます

特に、ここ最近の釣りブームで落水事故は右肩上がりと聞きます

しかも、その大半がライフジャケット未着用や正しい着用をしていないために起こっています

あなたの命を守るのはライフジャケット一択になりますし、それほど重要な命綱です

ライフジャケットを正しくその場に合うものを着用しましょう

楽しい釣りが悲劇の釣りにならぬように

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 321 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。