釣り小物はどうやって収納している?ケースやポーチを厳選紹介

釣り小物はどうやって収納している?ケースやポーチを厳選紹介

こんにちは、耳栓がないと寝れないたかっぺです。

シーバスルアーフィッシングでは、小物類が結構多いものです。

しかも、ラン&ガンを繰り返すので一まとめににしていきます

それには、小物の収納するものにもこだわらないとゲームベストに入らなかったりしてきます。

今回は、ゲームベストに入る収納用ケースや追加ポーチなどをお話していきます。

シーバスフィッシングは小物が多い

シーバスをルアーで狙うには、ルアーやタックル以外で必要なツール類は結構あります。

ルアーを交換しやすいようにスナップ、ルアーフックを取り付けるスプリットリング、フック、ラインなどなど…

装備については以前に紹介している記事があるので参照してください。

初心者必見!シーバス釣りに欠かせないツールを一挙大公開

これらの小物を一まとめにして持ち歩くには、ケースやポーチにもこだわらないと取り出し時に引っ掛かったりして難儀します

少しでも解消して、テンポよく釣りを組み立てたいものですよね

小物は収納力高いケースやポーチが不可欠

ケースやポーチにこだわるポイントとして、コンパクトで収納上手な物を選ぶ必要があります。

例えば、スナップやスプリットリングを各番手で選り分けれて、それらを一まとめにして入れておくと取り出す際に一つのケースですみます。

また、シーバス用のランガン専用ゲームベストはルアーケース用のポケットが前面に2つ、背面に1つ、ポーチが1ついている物が主流になっていて

ポケットがたくさんあるように思えますが、全てを装着すると足らない場合があります。

予備のラインなどをルアーケース用のポケットに入れておくとルアーケースをしまう時にラインが邪魔をして入らなかったりするものでして

ラインだけではなく、フック類も同じことが言えまして

フックは針先が曲がったり、つぶれたりすれば交換をしますが

ルアーごとに合わせた各番手を持ち歩きます

フックの量は多くフック専用のケースも必要になってきまして

ルアーケースと同じ場所に入れると先ほどと同じことが起きてきます

これらを踏まえるとコンパクトで収納上手なケースやポーチが必要になってくるということです。

ゲームベスト専用ポーチで収納力アップ

上記のような装備品では、付属のポケットやポーチでは足らない場合があります。

先ほどのラインなどがいい例でして

ライン専用のポーチなどがあるとスッキリまとまってカッコよさにも精通しますよ

Dカンについて

そのポーチですが、シーバスフィッシングで重宝するゲームベストにはDカンが多くついている場合があります。

メーカーによっても違いますが、Dカンの配置もより使いやすさを求められていてポーチ類を後付けできるようになっています

ポーチ側にも色々な工夫がされていて、Dカンに付けれたり、ベルトに通すことも出来まして

使い方はアングラー次第となっていて、よりカスタム感を感じれる物が多いです

メーカーで揃えるとカッコよさが出てシーバスアングラーって感じしますよ。

使い勝手よいケースやポーチを厳選紹介

色々お話しましたが、どういった物がいいのかを厳選してご紹介します。

ポーチ類とケースに分けて紹介していきます。

ケース

・明邦工業:WG-6

ゲームベストに最適なケースです

スナップやスプリットリングを各番手ごとに分けれるのがいいですね。

同じものをもう一つ買えば、ジョイントできるので取り出しがすごい楽です。

・明邦工業:PA-6SD

折りたたみ式のとてもコンパクトなケースです。

コンパクトで収納が分けれるので使い勝手はいいでしょう

かなりコンパクトなので落下には注意です

・明邦工業:スリットフォームケース F-7

フックを収納するには丁度いいサイズ

シーバスで使うフック程度なら楽に収納できて、交換したフックもフリースペースに入れておけば安心ですね

ポーチ

・ポジドライブガレージ:リーダーポーチII PZP−005R ラウンデル

リーダーを入れる専用のケースです

いままでこんなものを探していましたって感じの商品です。

・ポジドライブガレージ: オリジナルポーチ

あまり見たことのないサイズですが、取り出しやすさには定評があります。

いかつさがカッコいいですよね

・RBB: ウォータープルーフポーチll

収納力に長けたポーチですが、結構物が入るのがいいですね。

開口部が大きくなるので、取り出しやすく簡単ロックもありがたいです

 

・RBB:ターポリンポーチミニ

ゲームベストについているターポリンポーチを一回り小さくした感じのポーチです

横向きなので取り出しやすいですね

ポイントは手の届く範囲につけること

時にシーバスはウェーディングで攻めたりします。

ウェーディングをしていると、動きに制限されてしまいより取り出しやすさが求められます。

全てのツール類は、手の届く範囲にあるが理想でして

先ほどの商品は、とにかく動きが制限される中でも使い勝手のあるものとして紹介しています。

ウェーディングだけに限らず、狭所の中で釣りをする場合もあるので結構収納ケースやポーチ類こだわるのは大事なことですよ。

取り付け例を一部紹介

少し余談になりますが

管理人がいつも使うゲームベストを紹介します。

アピアのゲームベストは収納力があり頑丈なのがよくて、気に入っています。

 

胸付近のDカンには、純正のターポリンポーチにスナップやスプリットリングを入れるケースを収納し

RBBのウォータプルーフポーチにはスマホやカギ関係を入れています。

前面のポケットにはルアーケースやスリットケースを入れています

ルアーケースの入れ方などは関連記事があるので参照してください。

ルアーケースを使い分けて収納しよう!取り出しやすく機能的にするには

脇にはスプリットリングオープナーやフィッシュグリップを付けて、ベルト部分にロッドホルダーやストリンガー、ラインケースを付けています。

背面ポケットには、メジャーと財布などを入れてネットを担げばいつでも出動できる状態です

まとめ

シーバスアングラーは周囲の状況に応じて素早い手直しや、移動をします。

それを可能にしているのがゲームベストなのですが、持っていく物も多いので追加のポーチも必要になってきます。

全てを手に届く反にに集約し、ゲームプランをすぐに組み立てるようにしておくことこそがシーバスアングラーの神髄ではないでしょうか

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ