シーバス編 PR

タコ餌木にはバターを塗れ!タコバレが多い時には効果絶大!!

こんにちは、汗かきにはたまらなく辛い時期になりましたね たかっぺです

少しづつ暑くなってくると、堤防からのタコがアツくなる季節です

とれたて新鮮で何にしても旨いタコは、管理人は目がない釣りものの一つです

この時期になると、シーバスを忘れてタコ釣りに没頭してしまいます

ですが、よく見かける光景で数釣りが狙える季節にもかかわらずよくバレてしまう方もたくさん見かけます

実はコレ、タコの活性が低く完全にタコエギに抱き着いていない状況で、フッキングしてもかかっていないことが多いのです

このタコバレは意外な方法で防ぐことができますよ

今回は、タコバレについてお話していきましょう

タコバレは意外に多い

しっかりとタコエギにのっている感触が伝わっているのに、急に軽くなった…

と、タコがバレた経験がある方は多いと思います

単にタコエギのフックにしっかりかかっていないだけかと思いきや、タコエギのフックは大きくてタコの滑っとした体にもしっかりと掛かるようになています

それでもバレてしまうことが多いのですが

その原因の一つに活性の低さがかかわっています

足の先にそっと触れて様子を伺うような掛かり方だと、バレてしまうことがありますよ

タコは動物性油に目がない

活性の低いタコを確実に掛けるには、タコ自体がしっかりとタコエギを抱いてくれるように仕向けることが大切です

それには、タコの大好物をタコエギに工夫することでバレることを防ぐ効果があります

その方法の一つが、動物性油をタコエギに塗る等の工夫になってきます

豚バラ(油部分)を巻き付ける

動物性油は何か

それが豚バラ肉になります

それも、脂が多い部分を使うことがポイントになってきます

タコをよく釣る方や、タコ釣りを長くしている方はタコエギに必ず豚バラ肉を巻き付けて針金で落ちないようにして釣りをしています

その効果は敵面で、タコのシーズンには2桁釣果も珍しくないほどになってきます

タコエギを体全体で包むようなバイトになるので、絶対にバレないというわけですね

お手軽方法はバター塗布!

タコエギに豚バラ肉を巻き付ける方法、タコ釣りの常連さんであればよくする方法になります

豚バラのほかに、もっとお手軽な方法もあり

それが、バターを塗るという方法になります

同じ動物性油であり、巻き付けるより塗る感じで同じような効果が出るので、豚バラよりも簡単にできます

脂が切れたら、塗り直して使うのでタコでバレが多いと感じる方は試してみるのもいいでしょう

バター保存に注意

ただ注意点があります

暑くなる時期より、タコ釣りも最盛期を迎えてきます

そうなると、バターの保存も考えないといけません

ドロドロに溶けたバターでも塗れば同じですが、結局それではバターは捨ててしまうことになります

しっかりと固形を維持しておくことで、釣行に幾度も使えるので保存方法には注意しましょう

できる限り、キンキンに冷えたクーラーボックスに入れておくことをしておきましょう

新鮮なタコはうまい!!

管理人がすむ伊勢湾周辺では、毎年ゴールデンウェークを過ぎたあたりから、オカッパリでもタコが釣れだします

この時は、休みは朝マズメは欠かさずタコ釣りに出かけてタコ釣りを楽しんでいます

タコ釣りは誘い方や釣り硬い単調さがあり、誰でも面白く釣りができて、新鮮なタコが食べられる魅惑の釣りです

新鮮なタコをちゃんとした調理で味わうと、スーパーのモロッコ産のタコでは物足りなさを感じますよ

調理方法や、タコの釣り方などは当ブログでいくつか紹介しているので参考にしてみてください

オカッパリタコ釣りが大ブーム!タコを釣る為の極意とタックルご紹介こんにちは、毎日柔軟体操するぞ!のその日に忘れている、たかっぺです。 タコの酢の物が食べたい… タコ焼き食べたい… スーパーでタコ...
タコの処理方法のコツはぬめりを徹底的に取ることがおいしさの秘訣こんにちは、カシワの天ぷら大好きたかっぺです。 ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、伊勢湾ではタコが釣れたりします。...

まとめ

タコがバレた…結構大きかったけどな…

そのバレ方は、タコの活性によるものが多いです

活性を上げる手っ取り早い方法は、タコエギに豚バラ肉を巻きつけるやバターを塗る方法がバレを防ぎます

雨が降って渋いと感じる日でも、バターを塗ればタコが踊り出てくるかもしれませんよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ

(Visited 54 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。