シーバスメソッド一つのジャーキングテクニックを身につけよう

シーバスメソッド一つのジャーキングテクニックを身につけよう

こんにちは、いつもテレビでYouTube見ています、たかっぺです。

シーバスを釣る為にジャーキングというメソッドがあります。

簡単に言うとルアーをスライドさせて食い気を誘うのですが

かなり奥が深いメソッドでもあります。

今回は、シーバスシーンで有効なメソッドであるジャーキングについてお話していきます。

シーバスは瀕死のベイトに目が無い

シーバスという魚は、自ら積極的にベイトを追いかけることはあまりしません。

どちらかというと物陰に隠れてベイトが流されテリトリーに入ったところを大きな口で吸いこみバイトしてきます。

関連する記事がありますので参照ください。

シーバスの生態を知り釣りに役立てよう

しかし、シーバスの気配があるのにバイトしない状況は多々あります。

この状況の打開策で瀕死ながら逃げようとするべイトを演出させるメソッドがあります。

それがジャーキングでして

ジャーキングって…

ジャーキングの意味として、痙攣しているとあります。

痙攣している様をミノーやバイブレーションなどを使い、ロッドを大きく操作させルアーをスライドや平打ちなどのイレギュラーな動きを加えることがジャーキングでして

このイレギュラーな動きにシーバスは獲物と認識して捕食するわけです。

ジャーキングを写真で簡単解説

ミノー系でお話していきます。

ルアースライドをさせるためにはロッド操作がキモでして、ロッドを大きく早く弾くように動かします。

ミノーを使っての連続ジャーキングの様子を簡単にお話すると

1.ルアーが着水してルアーを自分の方向に向けてから操作してきます

ラインはややたるませ気味の方がルアースライドしやすいですよ

*シンキングミノーでは沈ませたいレンジで探ることもできます。

2.ロッドを激しく大きく弾くように、ロッドを手前に引く

*この時ルアーは大きくスライドする

3.ロッドを戻すと同時にリールを1回転巻く

・2と3を繰り返すと連続ジャーキングができる

日によって早いジャーキングがいい場合と、遅いジャーキングがいい場合があり色々探るのがいいでしょう。

浅い場所ではロッドを立て気味でジャーキングをするといいですが、ルアーが勢い余って飛び出さないようにしましょう

また、注意点として

流れに対して下流でルアーをジャーキングすると、常にルアーを水押しするのでラインスラッグが取りにくくジャーキングがしにくいことがありますよ。

ジャーキングで有名なのは…

どのミノーでもできるのですが、特にリップ付きのミノーでシンキングであればジャーキングはやりやすいです。

水噛みがよくて適度に抵抗が分かるからでして

初めてジャーキングするのであれば、リップ付きのシンキングミノーから入り、慣れた頃にバイブレーションなどやシンキングペンシルなどしてみるのがいいでしょう。

ただ、シンキングペンシルは抵抗が少ない為動きが分かりつらいので少し練習が入りますね。

バイブレーションジャーキングについて

バイブレーションでのジャーキングではあまりスライドはしません(ルアーにもよります)

意識するのはスライドアクションではなく、ボディー平打ちやフォールを意識して操作するのがいいでしょう。

痙攣して意識を失って落ちていくベイトを演出する感じです。

方法は上記と同様でいいですが、ロッドを下げすぎてしまうとキレのいいアクションがしにくいので、ロッドは立て気味がやりやすいですよ。

ミノー系と組み合わせてみましょう。

ブローウィン140Sがジャーキング最適

色々なルアーでジャーキングは可能で、よく釣れるメソッドですが

そんな中でも、使用率が高いルアーとしてブローウィン140Sがあります。

ブローウィン140Sについては以前に記述がありますので参照ください。

圧倒的な釣果をたたき出すブローウィン140Sはもはや生き物!

困ったらブローウィンというくらい、地元でも結構流行っていまして

水深がある堤防でデイゲームしている方は、皆さん持っている率が高いですね。

また、河川での使用でも効果ありまして、流れをよく読まないといけませんが

色々なコースを流しているのに食わなかったりするときに、ブローウィン140Sジャーキングで出たこともありましたよ。

デイゲームでの最終メソッド

「最初からジャーキングメソッドだけすれば、シーバスってすぐに釣れるんじゃない?」

これは、少し誤解でして

確かに釣れるかもしれませんが、水深がある場所ではシーバスがどのレンジにいるかを素早く察知する為には

バイブレーションやスピンテールルアーが理にかなっていまして

素早くシーバスのいるレンジを察知した方が、食わせる確率が高くなってきます

また、夜行性のシーバスを捕食させるにはアピールが必要になるので、デイゲームでの最初のルアーは水深にもよりますがバイブレーションになってきます。

アピールが強すぎてルアーと見切ってしまうことが多々あるので、その時に違うタイプのルアーを使っていきます。

ルアーローテーションだったり、ワームを使ったダーティングであったり、ブローウィンやバイブレーションを使ったジャーキングがあるのですね。

違う動きをシーバスに見せて食わせることが大事というわけです。

まとめ

シーバスルアーフィッシングでは、ルアーを状況に応じ使い流れを読み仕留めるのと

いかに、シーバスに絵割っているベイトを見せて捕食させるかがシーバスを釣る為に必要な考えでして

これを可能にするメソッドの一つにジャーキングメソッドがあります。

色々な小技を持っていると、飛躍的に釣果が伸びてきますので試してください。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ