ウェーディングシーバス初心者に最適なタックルを厳選紹介!

ウェーディングシーバス初心者に最適なタックルを厳選紹介!

こんにちは、プチトマトが大量にもらえる季節はトマトのガーリック炒めが絶品でお勧めの、たかっぺです。

ウェーディングをこれからしようと思っている人にお勧めのタックルや細かい情報をお話します。

ウェーディングでは飛距離重視よりも手返しよく攻めていきます。

いち早くシーバスとコンタクトを取れるかに意識を持ちます。

そんな意識をもてるためのウェーディングに最適なロッドやリール

ウェーディングに欠かせないツールをご紹介していきます。

ウェーディングに最適なロッドとは

ウェーディングシーバスでは潮位などで入水時間が限られています。

そんな限られた時間で意識したいのは手返しの良さ。

腰近くまで入水すると下半身にあまり力が入りません。

上半身の捻転だけでロッドのしなりを意識しルアーをキャストしていきます。

そんなウェーディングに最適なロッドは

・8ft~9ftくらいが取り回しと飛距離を合わせ持つバーサタイルロッドが理想

・パワーは凡庸性が高く小型ミノー~重めのバイブレーションが使えるML・Mクラスがお勧め

ロッドについては詳細を解説していて、そちらをご参照ください。

初心者の方必見!シーバスを釣るためのロッドを解説

 

ウェーディングに必要なリールの性能とは

リールで大切なことは、防水性能・回転の滑らかさ・ドラグ性能です。

ウェーディングでは海水がリールにかかったりします。

リールの内部に海水が浸透しないような、防水構造がしっかりしているリールは大事。

巻き感がいいと、流れの変化がわかり、シーバス回遊コースの流芯部やヨレが分かります

巻き感度でいえば、ギア比が高いほうがいいですね。

ドラグ性能は、シーバスの見切れやラインの結束部分を守るためのシステムで最重要部。

リールについて詳細解説していますので参照して下さい。

リールの役目を理解してシーバスフィッシングに役立てよう

 

ウェーディングシーバス用タックルを厳選紹介

色々お話したけど、実際にどんなタックルがいいのかをご紹介します。

最近のロッドはハイエンドモデル並みの機能を備えた中級モデルがあります。

長いこと使用や、感度にこだわるならハイエンドモデルより安く購入できる中級モデルがお勧めです。

 

・アピア:グランデージSTD90ML

お値段の割には、ハイスペックな技術が盛り込まれているロッドです。

繊細ながらも、強靭なバットを合わせ持ちキャスト性能もピカ一!

管理人も使っています。

シマノ:ディアルーナS86ML

細身のブランクスながらも、強靭なバットで独自の技術スパイラルX搭載のロッドです。

使わせてもらった感じでは、振り抜きがよく、長時間のウェーディングでも疲れ知らず。

・シマノ:19ストラディックC3000MHG

最高ランクの防水性能や回転性能・ドラグ性能とこれだけの機能が詰まって

安く購入できるモデルがあることに大変ビックリしています。

・ダイワ:19セルテートLT3000CXH

高い剛性と軽さを両立したライトタフ(LT)モデル

高い剛性と最新のギア内蔵で、巻き感にこだわりたい人は絶対これ。

ちなみに管理人もこれ使っています。

ストラディックと迷いましたけど…

 

 

飛距離重視のラインセッティング

ラインについては、メインラインにはシーバスでは主流のPEライン。

メインラインはPEライン0.8号~1.0号で約20lb程度(メーカーによってlb数が違います)

リーダーは同lb程度のフロロカーボンを使用します。

PEラインの特徴は、細くて引張強度が高く感度に優れていること

細いラインはガイドを通過する際に摩擦抵抗が少ないことから飛距離が出やすくなります。

シーバス釣り初心者の為のPEラインについて解説

PEラインのトラブルについて

キャストしたときガイドに巻き付くこと

テンションフリーで巻くと、たるんだラインを巻き込んラインが絡みやすくなります。

暗くて見にくい、ナイトゲームで多いです。

絡んでしまったPEラインは解きにくくなり断線したり、釣りにならずイライラしますよね。

これは守りましょう!

ルアー着水時フェザーリングや一度ロッドを立てテンションをかけてから巻くようにする。

また、PEラインにライン専用潤滑油をしみこませる。

タックル番外編

安全装備以外にも、ウェーディングでは取り回しを優先したツールも必要です。

シーバス釣りにおいて必要な安全装備は記述がありますので、参照してください

初心者必見!シーバス釣りに欠かせないツールを一挙大公開

ウェーディング時はランディングシャフトを短く取り回しのいいものに交換がお勧め。

ネットを使わない人もいますが

フィッシュグリップやハンドランディングをするときにバラしてしまうことが多々ありました。

 

 

ナイトゲームだと、周りに誰がいるか分からない状態で進んでしまうことがあり

人と接触したりルアーが引っ掛かったりしてしまい、位置が分からないと大変危険。

ナイトウェーディングは自分の位置を知らせるためのライトが必須です。

 

まとめ

ウェーディングシーバスでは取り回しがいいロッドがそのフィールドに適しています。

リールの巻き感度で流芯をとらえれるタックルでランカーシーバスと対峙しましょう。

今回ご紹介したタックルは長いこと使用できるタックルです。

メンテナンスをしっかりして大事に使用していきましょう。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ