ジギング PR

癖が無く使いやすいマルチなSLJロッド【ダイワ:ブラストSLJ】が優秀なワケ

こんにちは、伊勢志摩産のあおさの味噌汁が大好物なたかっぺです

ジギングの新たな戦略になったSLJ

小型で軽量なジグを使い浅場をテクニカルな誘いで繊細に食わせ、様々なターゲットが狙える近年大流行の釣りもの

そんなSLJでは繊細な誘いをストレスなく扱えるタックルは必須なことで、特にロッドには色々な要素が必要になってきます

各メーカよりSLJ専用のロッドも色々出ていますが

今回は、ダイワのスタンダードモデルのブラストSLJエアポータブル(AP)の使用感についてお話していきましょう

お求めやすいお値段と、不意の大物にも余裕で対峙できる誰でも扱いやすいロッドですよ

曲がりの中に強さあり

ダイワのロッドの特徴は、よく曲がる中に強さを感じ釣りをしている楽しさを実感できるところです

特に、ジギングシーンではそのロッドの粘り強さがスタンダードからハイエンドまで妥協なく感じられるレベル

中でもスタンダードモデルのロッドにはハイエンドの技術を惜しげもなく技術投与し、だれしもが使いやすく安心したやり取りができる仕上がりです

中でも、今回紹介するブラストSLJ APはその安心をよく感じれる仕上がり

よく曲がりの中に強さがあると言いますが、それを体感できるロッドです

SLJでは、特に不意に大物がかかることが多い釣りものです

これから本格的にSLJを始めようという方には最高の1本ではないでしょうか

ダイワのブラストSLJの実力について語っていきましょう

SLJは何が食うか分からない

SLJは小型のジグを浅い水深でフィッシュイーターを狙う釣りです

釣れる魚種はジギングシーンでは最も多い釣りものです

鯵・カマス・イサキ・真鯛・サワラ・鰤までも釣れる訳ですが

不意の大物がかかる確率も結構高いのがSLJ

カマス狙いが大型青物がヒットし、やり取りに苦戦している方もよく見ます

何が食うか分からないためロッド選びは、繊細かつ粘り強くよく曲がるロッドが必要となります

いろんなメーカーからSLJ専用ロッドはたくさん出ていますが

どの基準で選べばいいかは結構悩むのではないでしょうか

スーパーライトジギングは誰でも簡単においしい魚が釣れる!その理由とは…こんにちは、最近では焼き肉のたれも自作できるようになりました、たかっぺです。 少しづつですが海水温が上がってきていますね。 ...

ダイワ ブラストSLJAPを選択

沢山あるロッドの中で何故今回紹介するダイワのブラストSLJ APなのか

答えは簡単

手に入れやすいお値段に、SLJではよく使う範囲のジグウエイト、そしてダイワ独自の技術があるから

特に目についたの、細いティップなのに張りがあることやバットが曲がる中での強さです

そしてもう一つは、リ―ルはシーバスで使っているセルテートの4000番があるからで

ダイワのリールにはダイワのロッドということで、ハイエンドのソルティガでは少し高いし…エントリーモデルではダイワ技術が乏しいし…ということで選んでいます

ブラストSLJAPを使った印象

実際にダイワのブラストSLJAPを使ってどんな感じなのか

購入して3釣行ほどしていますが

釣りが楽しくできるのが強い印象

その楽しさをもう少しお話していきましょう

キャストしやすい

SLJは幅広く探る方がヒット率も高いです

小型回遊魚を狙うには、すぐに移動してしまう小型回遊魚を幅広く誘うイメージです

その為、少しキャストすることで幅ひろく探れるのですが

満員の船内でキャストをすると言ってもできるのはアンダーキャストだけです

実は、アンダーキャストをするときにロッドs全体を使って曲げて飛ばすわけですが

ダイワブラストSLJはジグの重みをバットに乗せやすくアンダーキャストがしやすいブランクスですね

ワラサクラスでも確実に取れる

SLJロッドは細くて頼りないイメージを持ちますが

ダイワのテクノロジーがあれば、頼りなさが信頼に変わります

それを感じたのが、不意にかかったワラサ

しかも水深15mで掛けた青物は船を見て興奮してしまうから、突進力は半端ありません

あまりドラグを緩めて走られては根スレを起こしてしまう

ドラグを一定に保ちながら、ロッドのバットで魚をリフトしていくと、よく曲がっている中でも強さを見せてくれました

十分なタメとロッドのバネで獲れた魚でした

早い潮流でも操作性は破綻しない

良いロッドの第一条件

それが操作性が損なわれないことです

潮流が速くなればジグのコントロールは鈍くなりがちです

鈍さを解消するには、ジグの重さを上げることとラインを細くすることですが

ロッド自身もジグに合わせて追従できなければ意味がありません

今回の釣行では激流と化した部分もあり、このロッド1本で動きを破綻させる事無く楽しい釣りができましたね

繊細ティップで高感度

見た目は、色々なロッドがある中でとにかくティップが細いのが特徴的なロッドです

細くて頼りなさそうですが

ダイワのテクノロジーのメガトップで細い径なのに鋭敏で好感度仕様なのです

実際に、このロッドでタイラバをしたこともありますが

前アタリをはっきりと手に感じることができて、かつ柔軟なティップなので食わせそこないが無かったのが大きな印象でした

このティップの好感度は体験すると癖になりますね

安い!

色々な恩恵をもたらしてくれるのにハイエンドと間違えるような作りこみのロッド

それが定価30000円前後で購入できるのがお小遣い制にはうれしいところ

また、量販店で購入すれば割引きいなるのでさらにお買い求め安くなるのではないでしょうか

後落ちしないデザインで流行りの影響も受けにくいので長く使えるロッドですね

初心者~上級者まで楽しめるロッド

色々記述しましたが

簡単にまとめると誰が使っても面白い釣りが堪能できるロッドといえるでしょう

これからSLJを始めてみようと思う方や、繊細に釣りをして誰よりも多く魚を釣りたいと願う上級者まで幅広い層に使ってもらえます

ダイワのオフショアのロッドはかゆいところに手が届く仕様がたくさんあるので使って納得ではないでしょうか

釣りの面白さをロッドで体感できることは素晴らしいことですね

まとめ

SLJロッド ダイワのブラストSLエアポータブル(AP)をご紹介しました

以前まで、SLJはティップラン用のロッドを使っていましたが

やはり時代の流れ…専用ロッドが欲しい!

ということで、色々模索していくとお値段相応で豪華仕様のダイワのブラストSLJAPに目が止まりました

使うと納得!

宇井の主にも余裕で対応し、ジグ操作まで繊細にできるティップの素晴らしさに納得しています

初心者~上級者まで幅広い層に使えるロッドといえるでしょう

これからSLJをしたいや、誰よりも多く魚を釣りたい方にお勧めですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 357 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。