スーパーライトジギングはフックにこだわると釣果UPにつながる!

スーパーライトジギングはフックにこだわると釣果UPにつながる!

こんにちは、食べるのが人より速いたかっぺです

スーパーライトジギングではメタルジグや繊細な操作を可能にするロッドなどこだわると釣果UPしますが

より釣果を伸ばしたいならフックにもこだわる必要があります。

フックでも魚を寄せて食わせるものを使うと、釣果は飛躍的に伸びたりします。

特に、イサキや鯛などには効果絶大!

今回は、スーパーライトジギングで使うフックについてお話していきます。

スーパーライトジギングで釣果を伸ばすには

スーパーライトジギングは軽量のメタルジグを使って誘い食わせます。

メタルジグのアクションで食わせるのが一般的ですが、メタルジグの動き+フックの誘惑が釣果を伸ばすコツになってきます

フックの誘惑を簡単にいえば、フック自身がルアーの役目を担うということでして

身近な釣り物ですと、サビキ釣りが上げられます

サビキは、針にサバ皮やスキンを巻き付けて小魚に似せてアジやサバなどを釣り上げることができ、ルアー釣りに精通している部分があります。

このように針に工夫をしてメタルジグのアシストフックに使うのが釣果を伸ばすコツになってきます。

フラッシング効果の高いフックを使おう

サバ皮やスキンなどもアシストフックに取り付けられている物も有効なのですが

もう一つ効果の高いフラッシング効果の細工がしてあるフックを使うのもお勧めです。

フック自体に平打ち加工がしてあり、面の部分がフラッシングして集魚効果が上がり

メタルジグのアクションと、フックのフラッシングを合わせると食い渋った魚も食わせることができるわけです

最近では、フックのカラーにもこだわり、より食わせ重視のフックも出てきています。

色々組み合わせて探ってみると面白い結果になったりしますよ

フックセッティングについて

フラッシング効果の高いフックでより高確率でフッキングさせる方法として、メタルジグのフロントとリアにもフックを取り付けるのが効果的です。

また、フックは段差フックを選ぶとバレる確率は減ってきます。

イサキのような口が弱い魚は、このセッティングでないとバラシや針外れが多くなってしまいます。

このセッティングは、スーパーライトジギングでイサキを狙う上でとても大事です。

バラシ軽減のために

魚がバレる原因の一つに針がかりがきちんとしていないことがあげられます

メタルジグを丸呑みするような魚なら、フロントフックだけでもガッチリかかるのですが

ついばんだり、捕食したらすぐに反転したりすると、フロントフックだけではガッチリとフックがホールドしません

また、イサキなどの口は弱く口切れによるバラシもあり得ます

これを少しでも防ぐ為に、リアにもフックを取り付けるとバラシが軽減します。

フロントフックにかからなくてもリアフックが魚体にフッキングする感じですね

ただし、根がかりしやすいのが大きな難点です

段差針が有効な理由

フロントとリアにもフックを取り付けるとバラシ軽減になりますが

狙う魚がイサキやカマス、鯛など小型~中型クラスであればダブルフックの段差使用をお勧めします。

少しずらして取り付けられているフックだとフッキングの失敗を軽減できるのが段差フックです

ただし、フックが1本だけしかフッキングしないこともあるのでホールドは弱めです

青物やサワラの回遊があれば、段差フックではホールドが弱いので逆にバレやすくなってしまいます。

フックの形状については関連記事があるので参照してください

ショアジギングアシストフックの種類と注意点を解説

スーパーライトジギングお勧めフック

最近ではスーパーライトジギングはブームになっていまして

各社、スーパーライトジギング専用のアシストフックが多く出ています。

常連さんや多く釣っている同船者が使っているフックを厳選してご紹介します。

*メタルジグは30g程度を考慮して紹介しています

・クレイジーオーシャン:フラッシュアシスト

シルバーとゴールドの平打ちフックが効率のいいフラッシングを発生

どんなフィッシュイーターも気付かないわけなし

・ダイワ:SLJアシストフック アシメトリー

強烈なフラッシングを発生させるべくフックに独自の加工を施したもの

片側がサバ皮使用になっていて、よりアピールにこだわった使用です

・がまかつ:アシストフックS.L.J.(スーパーライトジギング)(グリーン皮付、夜光シート付)

グリーン皮がいい仕事をするフックです

フックに蛍光シートがあるのでフラッシング・グリーン皮・蛍光でアピール度大

このフックに変えた途端爆釣なんて人もいました

・タナジグ:スーパーライトフック(完成品)

志摩や鳥羽で実績高いフックです

ケイムラ塗料での発光やフックカラーによる集魚効果、平打ちによるフラッシング

スーパーライトジギングの為にあるようなフックですね。

自作できるようにバラ売りもありますよ

自作については関連記事があるので参照してください

超簡単!ライトショアジギングのダブルフック自作方法をご紹介!

着底後すぐにロッドアクションをしよう

フロントとリアにもフックを付けると根が複雑な海域では根がかりしやすいのが現実です。

せっかく買ったメタルジグをなくさないために、メタルジグ着底後にすぐにロッドアクションに移さないといけません

ここをもたもたしてしまうと、根がかりしやすくなります。

また、ラインの放出のコントロールをしていないと、潮の影響でラインだけが流されてしまい着底しているのに気付かないこともあるのでラインコントロールもとても大切ですよ

関連記事があるので参照してください。

ジギングで根がかりしてしまったときの対処法について

まとめ

スーパーライトジギングではメタルジグに意識がいきがちですが

フックにもこだわった方が、より釣果が伸びやすくなります。

そのフック選びのコツは、フックがフラッシングすることでして

スーパーライトジギングの常連さんは、フックによくこだわっていますよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ